ワインでひとり、昼下がりの忘年会

ひとり、昼下がり忘年会。

頂き物の赤ワインがフレッシュでふくよかで美味しいのと、窓の向こうの青空が優しいから、ご機嫌で酔っ払っています。

さて、今年はどんな一年だったかな。

息子の小学校入学はトップニュースでした。

自分の育児への姿勢をぐんと前向きにしてくれた出来事でした。

レンタルスペースの運営を通して、新しい出会いや、なじみの人たちとの交流を温められたのが最高の収穫でした。

自分の好きな空間を色んな人に愛してもらえたことで、沢山の喜びを得られました。

子供の頃から大好きで、でも途絶えていたスポーツを再開できたのも良かった。やっぱり私は団体競技が好きなのでした。今は過去のボール勘を取り戻すべく奮闘しています。

思えば、出来るだけ自分の欲求に素直に生きた一年だった気がします。

2年前のハードな出来事の余韻が徐々に薄らいできて、リハビリも順調に進み、卑屈になっていた私がようやく自分らしく暮らせるようになってきた。

人との距離の取り方とか、心地よく誘いを受けたり断ったりする塩梅とか。

勝手に自分のハードルを上げない方法とか(多くの辛い局面は、自分が勝手に理想を打ち立ててもがいていた)。

そんな風に自然な自分でいられるようになったのも、いま一緒にいる友人たちやパートナーのおかげです。

そのまんまでいいよ。

長所も短所も愛してあげるよ。

そんな風に私を歓迎してくれる人たち。

身近な家族が少ないぶん、家族みたいに一緒にいる大事な友人たちやパートナー。

気まぐれで気が強くて振り回してばかりだけど、いつも辛抱強く付き合ってくれる大事な存在。おかげで私はいつも私らしくのびのびと笑顔で過ごせています。

今年一年、私といてくれて、本当にありがとう。

たぶん来年も自分らしさを取り戻すリハビリは続くと思うけれど、今年よりももう少し沢山の人の役に立てるようなことが出来たら、と思っています。

年末は、色んなことを考える良い機会です。

来年も、楽しい一年でありますように。

世界のすべての子どもたちや大人や老人、生きとし生けるものが笑顔で過ごせますように。

明日は何をしようかな。

広告