謹賀新年

140105

あけましておめでとうございます。
お正月はどんなふうに過ごされたでしょうか?

元旦からの大雪にはびっくりさせられましたね。

京都の街中とは思えない景色が広がっていました。蹴上の斜面に乗り捨てられた自動車の数々を見て、雪に慣れていない街に住む(大半の)人間の非力を感じました。

私の新年は、とてもゆったりとした、楽しく、幸せな休日でした。

大好きなキッチンに立って、きちんとコーヒーをいれたりワッフルを焼いたり、好きな人と食卓をはさんで語らったり、ちょっとした日帰り旅行に出たり、美しい雪景色に感嘆したり…。忙殺された年末の息苦しさや体調不良を解消するにあまりあるものでした。

昨年は、私にとって大きな転機といえる年でした。
言葉にすれば「解放」あるいは「開放」という言葉がしっくりくる2014年でした。

自分を解放し、開放する。
何からの解放か?といえば、最も適切なのは、自分を縛っていた「自分自身の感覚」からだったと思います。

枷を解き放ったときに表れた自分の明るさ、表現力、人への愛情…発露したさまざまな自分を感じて、戸惑い、嬉しく思うことの多かった一年でした。

自分を愛せたとき、他人を愛し、さまざまな事柄を前向きに受けとめることができる。そんな、元から兼ね備えた人からしてみれば当たり前のことを、私はこの歳になってようやく知り、経験できたのでした。

今年は、より深く、継続的に、安定した愛情を、自分が抱えうる最少限度の対象に対して注いでいきたいです。

だから大きなことや新しい物事にはあまり手を出さず、手に入らないものは潔く諦めることにします。そのかわり、今、目の前にあるものたちを、もっと慈しみ、もっと深く愛する。それは、私にとっては後退ではなく、大きな挑戦なのです。

昨年、思いつきでスタートしたレンタルスペースも、知人友人のあいだで少しずつ認知され活用してもらっています。今年も、小規模だけど親密な集まりの場として提供していきたいです。

私の大切な人たち、どうぞ今年もよろしくお願いします。

よかったら、ささやかなこのスペース、Place Moment で、一緒に実りある時間を創り出していってください。

皆さんにとっての2015年が、楽しく明るいものでありますように!

2015 New Year
Reiko Kondo

広告