Hello, my friends

img_8672

今迄のブログとは別に、こちらでも日々の想いを綴っていこうと思います。ここでは2014年5月から始める小さなレンタルスペース “Place Moment(プレイス・モメント)” のことや、日常で心に浮かんだことなどを書いていくつもりです。

新しいブログにしたのは、色々な心の枷(かせ)をとりはらって、何者でもない今の自分として書きたかったからです。古巣のはてな以外のサービスも使ってみたかった、という理由もあります。

ブログを変えたからといって、私自身が変わったわけではありませんが、意識する”読み手”を少し変えることができます。はてなの古参スタッフ兼創業者の妻だった私の文章ではなく、ひとりの名もないブログの書き手が綴ったよしなしごととして、読んでもらいたいと思っています。

さて、最近の私は、インターネット業界を離れ、現実の世界で忙しく暮らしています。主には、日中の仕事場である大学での仕事、息子との日常、友人との交流、お茶の稽古、そして新しい家のしつらえ、新しい家を見に来てくれる客人をもてなすことなどです。

4月1日に住む家が変わりました。中京区の築40年のマンションをリノベーションした小さな住まいです。昨年12月からプランニングを始め、工務店さんと打ち合わせを重ね、ドアノブからタイルまでひとつひとつを選び、4ヶ月を経て完成しました。

古い家にたまった膨大な荷物を仕分け、処分し、引っ越し業者に託し、新しい空間に埋め込んでいきました。引っ越してから2日間、最小限の睡眠で住まいを整えました。今は、小さな追加変更を重ねて、私らしい住まいを仕上げています。

5月からは、自宅を解放してレンタルスペースを始めます。私の友人知人には、ユニークな活動をする人が多くて、ワークショップや教室で使える良い感じの場所があるといいなという希望をよく聞いていたので、試験的に使ってもらおうと思っています。またその話の詳細は別の日に…。

その間にも、大学の仕事では大きなカンファレンスを控えていたため、慌ただしく準備に走りました。海外からのゲストたちへの贈り物の手配をし、来日したゲストたちをもてなし、着物で抹茶をふるまいました。自分では「なんちゃってジャパニーズだ」と内心恥ずかしく思いながら、場を演出したわけですが、初めて訪日された方々や、ふだん接する研究者の方たちに喜ばれたので、それなりに貢献できたようです。お世話になっているセンター長からも「おもてなしといえば近藤さん」と太鼓判を押してもらえたことが、とても嬉しかったです。

2年前までは、日本人らしいことなどしたことはありませんでした。むしろ毛嫌いしていたぐらいです(なんせアメリカかぶれでしたから)。そんな私が、こうして日本らしさを提供する役割を担うようになるなんて、と妙な気持ちになると共に、しみじみ感慨をおぼえました。今の勤め先で仕事を始めなければ、伝統文化、宗教、心理学を研究する先生方と出逢って影響を受けなければ、お茶も着付けも始めなかったでしょう。出逢うこと、知ること、始めること、学ぶこと、続けることの大切さと佳さを実感できた、この春でした。写真は、ゲストをお迎えした HUB Kyotoという、かつての女学校を使ったコワーキングスペースの一角です。見事な竹林でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中